マチュレ

中には毒性も!プエラリアミリフィカに良く似た植物

人気のプエラリアミリフィカというのは、タイやミャンマーといった地域に自生している草木であり、現地ではガウクルアとも呼ばれていることがあります。
「赤ガウクルア」「黒ガウクルア」「白ガウクルア」「黄ガウクルア」「灰ガウクルア」といった5つの種類が存在していますが、バストアップ効果や、お肌を美しくする効果が認められているのは、数あるプエラリアミリフィカの中でも、白ガウクルアだけとなります。
しかし、その他の4種類のプエラリアミリフィカも見た目のイメージが非常に似ており、そう簡単には区別をすることが出来ないだけではなく、毒性を持っていることから、誤って食用してしまいますと頭痛や吐き気などといった症状に悩まされてしまうことがあります。

実際にプエラリアミリフィカを採取している現地の人たちというのは、根塊を切り、その切り口で何色に変色していくかによって判断をしていますが、粉状に加工をしてしまいますと、輸入をしている会社はもちろんのこと、私達ユーザーもそれを確認することは出来ません。
事実、最近では偽装のプエラリアミリフィカが市場で流通をしていますので、購入する際には信頼出来るメーカーのものを選ぶことが大切なのです。
またプエラリアミリフィカは希少草木に指定されていますので、乱獲を防止するためにタイ政府によって輸出を禁止しています。

また偽物と把握をしていて販売をしている悪徳事業者が存在していると言いましても、日本のサプリメント製造会社の多くは、輸入をした粉状のプエラリアミリフィカに対して、純正のプエラリアミリフィカと信じ加工をして販売しています。
しかしDNA分析などを実施し、品種をきちんと確定してから加工をしている会社は実のところそこまで多くありません。
このことからプエラリアミリフィカを購入する際には、信頼することの出来る会社を選び、頭痛や吐き気などといった症状が現れた場合には、すぐに利用を停止し、メーカーへ問い合わせたり、消費者センターに相談をするようにしましょう。

このページの先頭へ