マチュレ

プエラリアミリフィカの動物実験・ヒト実験

少々難しい話になりますが、「独立行政法人国立健康栄養研究所」の報告によりますと、プエラリアミリフィカの安全性に関することで疑問視があるということを解答しています。
実際に更年期を迎えることになった女性を対象にして実施された試験におきまして、50~100mgを毎日摂取し、半年間続けた結果、実際に更年期特有の症状を緩和することが出来ています。
しかし血中エストラジオールが変化してしまっていることが認められることになり、貧血や肝機能検査値といった変動が確認された方もいたのです。

ちなみに猿を使った実験では、毎日プエラリアミリフィカを1000mg摂取していたことによって生理が停止してしまったのです。
さらに毎日10mgを摂取し続けていたことで、血中エストラジオールや性腺刺激ホルモン、そしてプロゲステロンそれぞれが低下してしまったというデータがあります。
またラットの実験も行われ、14日間の投与が行われ、その結果性腺刺激ホルモンが低下することを認められました。

またごく僅かな摂取量によって臓器重量の増加といったことも認められているのです。
そして実際のヒト実験結果についてですが、タイの東大とも言われている有名な大学「チュラロンコーン大学」で行われた実験があります。
3つのグループにそれぞれ量の異なるプエラリアを摂取し、2ヶ月間モニターによる試験です。

Aグループは偽薬、Bグループはプエラリアを一日に400mg、Cグループはプエラリアを一日に800mgを飲むようにし、 実施時期は、生理が開始されてから15日間となります。
これを2ヶ月間実施したのです。
その結果としましては、Cグループの約90%がバストアップやお肌のハリの変化を実感することが出来たようです。
Bグループでバストアップが実感出来たのは僅か10%で、Aグループに関しては全く変化がありませんでした。
この実験結果から400mgのプエラリアを毎日摂取することによって、バストアップの効果を期待することが出来ることが実証されたのです。

このページの先頭へ