マチュレ

葛餅の原料と同じ!プエラリアミリフィカ

タイなどの東南アジア諸国からインドなどといった熱帯地方に自生している「ガオクルア」 というのは 「プエラリアミリフィカ」 と呼ばれる植物でのタイにおいての呼び名となります。
プエラリアミリフィカというのは、日本で言うくず餅の原料として知られる吉野葛 と同属の植物であり、その主となる成分としましてはイソフラボン誘導体により、構成されています。
そして植物エストロゲン(植物女性ホルモン様作用物質)を含んでいます。

イソフラボン誘導体というのは長い年月の間、日本人にも多く食べられてきている豆腐などといった、大豆を原料とする食べ物にも少しですが含まれており、昔から肌や身体の健康に良いと言われてきています。
そんなガオクルアには「白」「赤」の2種類が存在しています。
女性のバストアップや、お肌や髪の艶を美しくしたりする効果があるとされているのが「白ガルクロア」となります。

また赤ガルクロアというのは、男女関係なく、体全体を若々しくすることが出来るということで、タイにおきましては昔から年齢を重ねている男女の回春用などに使用されてきています。
言うならば「自然のバイアグラ」ということになります。
さらに胸の大胸筋に作用し、男性の胸を逞しくしてくれるなどといった効果も期待することが出来ます。

また最近になって頻繁に耳にしている骨粗鬆症という病気ですが、年齢を重ねることによって発症率が高くなる傾向があり、中でも特に閉経した後の女性に多くなっているのが特徴の一つとなりますが、この原因の一つとしまして女性ホルモンの減少を挙げることが出来ます。
ガオクルアというのはタイの一部における山岳民族などで、遠い昔から若返り効果や長寿、また滋養強壮の食べ物といったことで女性を中心として愛用されており、タイの文献において、閉経後の女性の生理がまた再開したといった事実があるようです。
もちろんプエラリアミリフィカは安全性が確認されているものですので、安心してプエラリアミリフィカのある生活を送ることが出来ます。

このページの先頭へ