マチュレ

減少していく女性ホルモンを補うプエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカというのは、主にタイとミャンマーにおける国境付近にある原生林地帯に自生をしている豆科のハーブの一種となります。
プエラリアという名前は現地では、「ガウクルア」と呼ばれています。
その正式学名としましては、「プエラリアミリフィカ」となります。

プエラリアミリフィカは、昔から若返り効果の高い食物として広く愛用されてきました。
実際に現地の女性達というのは、肌がとっても綺麗で潤いがあり、そして色白で、バストが大きい人が多いようです。
これはまさにプエラリアミリフィカを日常的に摂取している効果となります。

今ではプエラリアミリフィカというのは女性ホルモンを補給し、更年期障害などといった緩和にも効果を期待することが出来るという事実が数々の研究によって判明してきています。
またプエラリアミリフィカは、原生林に自生をしていることから、天然プエラリアの採取は非常に困難と言われています。
そのようなこともあってか、市場にほぼ出回ることが無く、その効果が一般的に広がることはありませんでした。

世界でも高い権威を持つ、イギリスで有名な科学誌ネイチャーによって、「プエラリアミリフィカに含まれるイソフラボン誘導体は、バストアップ効果がある」と1960年に発表されています。
これが発端となって、世界各国の研究者達から注目がされるようになり、プエラリアミリフィカの本格的ともなる研究が行われるようになったのです。
その後、様々な角度から研究が行われた結果、プエラリアミリフィカに含まれている、イソフラボン誘導体には、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの分泌を活性化させる効果があることが判明されたのです。
減少していく女性ホルモンを補うプエラリアミリフィカにはこのように様々な美容効果を期待することが出来ることから、ここ日本においても女性を中心として人気が広がっているのです。
きちんと毎日摂取することによって効果的に女性としての美しさを得ることが出来るでしょう。

このページの先頭へ