マチュレ

プエラリアミリフィカはハーブと組み合わせると効果的

タイやミャンマーにおける北部で自生をしているタイ固有種の「マメ科クズ属」の植物として知られているのがプエラリアミリフィカです。
実際に食用として使用されているのは、大きな塊状となっている根っことなります。
プエラリアミリフィカは概ね2年ほ程度でこの地下茎を発育させていきます。

日本で多くのご家庭で食べられる葛の近縁種としても有名です。
漢方で広く知られている葛根湯というのはこのクズの根を乾燥させ、粉末状に加工をした生薬となりますが、プエラリアミリフィカに関しましても同様に加工することになります。
そしてプエラリアミリフィカの生薬を使ったものがプエラリアサプリメントと呼ばれています。

このことからタイにおきましては、プエラリアミリフィカというのはハーブの一種として取り扱っています。
またタイではプエラリアミリフィカは加工したものしか輸出しないという国による輸出規制が定められており、非常に入手をするのが困難なハーブなのです。
その稀少性からか、高価な原料の一つとして確立しています。

プエラリアミリフィカの塊根というのは現地で「若返りの薬」として愛用されています。
さらにタイでは伝統医療の一つとして、更年期の女性への強壮剤として、その他のハーブと組み合わせて服用することもあるようです。
また正確に言いますとプエラリアには3種類存在しています。

これらはタイでガウクルアと現地名で言われており、その3種類としましては「シロガウクルア」「クロガウクルア」「アカガウクルア」が挙げられます。
これらの中でサプリメントとして加工をして効果を認められているのが「シロガウクルア」だけとなります。
このシロガウクルアというのは別名でプエラリアミリフィカと言い、タイ語で「ミリフィカ」は「奇跡」を意味しているのです。
つまりプエラリアミリフィカは奇跡の植物ということになり、これが原料で使われているサプリメントは「奇跡のサプリメント」と言っても決して過言では無いでしょう。

このページの先頭へ