マチュレ

プエラリアミリフィカで骨を強くする

ご存知のことかもしれませんが、人間の骨というのは、髪の毛、また皮膚などと一緒で数多くの細胞から生成されているものであり、古い骨と新しい骨を入替えていくのは新陳代謝が活発に活動をしているからなのです。
骨折をしてしまったとしてもギブスなどを装着して固定を続けておくことで治すことが出来るのは、その場所に新しい骨が少しづつ作られているからなのです。
そして骨粗鬆症というのは、骨に関係する新陳代謝のバランスが乱れてしまうことによって引き起こしてしまう症状となります。

古い骨を壊していくスピードに対して、新しい骨を作っていくスピードに追いついていくことが出来ずに、骨の中で空洞化が起こってしまうのです。
背骨の空洞化というのは、とりわけ非常に深刻な状態であり、アレンジを保てなくなってしまうことによって、背中の痛み、また腰の痛みなどを引き起こしてしまったり、それがさらに悪化してしまうことによって、くしゃみや咳などちょっとした刺激で背骨が骨折をしてしまうリスクが生じてきてしまいます。
さて女の人というのは、閉経をした後に骨粗鬆症になりやすいということを知っているでしょうか?エストロゲンと呼ばれている女性ホルモンというのは、骨を破壊してしまう細胞を減少させ、骨の新陳代謝のバランスを改善させる働きを持っています。

閉経してしまうことによって、このエストロゲンが減少してしまうことになるために、骨密度が約20%も少なくなってしまうのです。
年齢を重ねることによって、女性ホルモンが徐々に増えていく男の人と比較をして、女の人というのは骨粗鬆症にかかりやすくなることを覚えておきましょう。
そんな女性ホルモンの分泌をサポートし、骨粗鬆症を健全化することが出来るのがプエラリアミリフィカなのです。
プエラリアミリフィカは草木性エストロゲンである「ミロエステロール」が含まれていますので、閉経で減少してしまった女性ホルモンを補填してくれるのです。

このページの先頭へ