マチュレ

古くからタイに伝わる美容植物プエラリアミリフィカ

プエラリアミリフィカというのは、東南アジアに位置するタイの北部やミャンマーの山岳地帯といった亜熱帯地域の落葉樹林に自生をしている「マメ科クズ属」の植物となります。
赤のグワオーデン、黒のグワオーダム、白のグアオークルアといった3つの種類が存在しています。
この成分についてですが、ショ糖と呼ばれる砂糖や食物繊維が大部分となっていますが、女性ホルモンによく似ている作用を持っている植物性エストロゲンであるイソフラボンが豊富に含まれており、その含有量というのは、イソフラボンで有名な大豆の約40倍もあるのです。

このエストロゲンというのは、コレステロールを低下させたり、血管を拡張することによって血圧の低下、また骨からカルシウムが流出してしまうのも抑制したり、女性の更年期障害の予防と改善といった、その働きは様々あります。
女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させることになる誘導体というのはゲネスティンとダイゼインに分けることが出来ますが、プエラリアミリフィカにおきましては、より活性力が強い類縁体とミロエステロール、またデオキシミロエステロールが豊富に含まれており、更年期障害の軽減、ホルモン置換療法、その他にも美肌や美白効果にも期待することが出来るのです。
これらの効果がどうして期待出来るかはプエラリアミリフィカには、イソフラボンが多く含まれていることで知られている大豆には殆どない「プエラリン」と呼ばれている美乳効果のある成分が豊富に含まれているからなのです。

若い女性というのは、美肌や美乳に対して効果があり、更年期症状が起こってしまっている中高年の女性に対しては不快症状の軽減などにプエラリアミリフィカが効果的であり、きっと女性にとっての救世主的な存在となってくれることでしょう。
これからどのようなサプリメントを利用していこうか迷っている方は、是非古くからタイに伝わっているプエラリアミリフィカを含んだサプリメントの利用をオススメします。

このページの先頭へ